So-net無料ブログ作成

長崎グラバー園★世界遺産「旧グラバー住宅」を見学しました [  2018秋 長崎雲仙&天草&JR九州]

世界遺産「旧グラバー住宅」を訪れるべく、グラバー園へ向かいました。

特に印象に残った施設を、ピックアップしてみます。




旧三菱第二ドックハウス
IMG_7279.jpg


船のドック(修繕や点検など、メンテナンス)中に乗組員が宿泊したことから、「旧三菱第二ドックハウス」と呼ばれている建物。

当時は、対岸に見える長崎造船所第二ドックすぐそばに建てられたものの、移築され、現在の地に移ったそうです。明治29年建築。

西洋の香りが漂ってくる近代的な建物は外国人にも人気で、ここで写真を撮っている方多数。とてもモダンで素敵な建物でした。


旧グラバー住宅内にある「屋根裏部屋」
IMG_7309.jpg



ちょっと写真では分かりづらくてスミマセン。

グラバー園ルートマップにも掲載されている「屋根裏部屋」。




展示では「隠し部屋」となっている
IMG_7306.jpg






一体これは「屋根裏部屋」なのか、それとも「隠し部屋」なのか。

一つ一つ歴史を検証しながら、正しく解釈・表記する大変さを改めて思い知りました。

時代検証は、現在でも続いているのですね。





旧オルト邸(国指定重要文化財)
IMG_7295.jpg


作ったのは大浦天主堂や旧グラバー住宅を手掛けたのと同じ、小山秀氏。石造りで1865年頃の建築。

こちらの住宅は、オルトが大阪へ移住した後、リンガー家が暮らしたりと、時代とともに家主が変わったのだそうです。

家はそのまま、でも住む人が変わる。今も昔も、変わらないのですね。




天然貯蔵庫(立ち入り禁止)
IMG_7301.jpg



当時冷蔵庫として使っていた、「天然貯蔵庫」。今回特別に中に入らせて頂きましたが、中はひんやり、そして真っ暗!

家の外にあるので、出し入れは大変だけれども、食材にとっては優しくていいのかな。なんとなく、いつもよりおいしくできそうな気がします。



旧リンガー住宅(国指定重要文化財)
IMG_7288.jpg


バンガロー風の建物で、木と石が調和した、木骨石造り。1867年頃建築。

内部では現在、リンガーが手がけた「ナガサキホテル」のカラトリーが展示されています。




今はなき「ナガサキホテル」の模型
IMG_7292.jpg


現在の旧香港上海銀行横に、リンガーが開業したのが「ナガサキホテル」でした。

残念ながら現在はありませんが、西洋風のとても立派な建物で驚きです。

今現在も建物が残っていたらよかったのに。。。と思わざるを得ません。

当時使っていたカラトリーは、売りに出されたそうですが、使いにくい、イニシャル入りのカラトリーだけが、最後まで売れ残る運命に。。。。

それがこちらです。



「ナガサキホテル」で当時使われていたカラトリー
IMG_7290.jpg



英国皇室御用達の老舗ブランドのもので、超一流のカラトリー。

最終的にナガサキホテルとイニシャルが同じ、奈良ホテルが買い取るという運命をたどります。

そして2013年、奈良ホテル改修工事の際に発見され、1セットのみ長崎市へ寄贈され、現在の展示に至ったのだとか。

時を経ても、カラトリーの輝きは損なわれておらず、今はなき「ナガサキホテル」が惜しまれます。





IMG_7280.jpg



園内は広々としており、結構歩きますが、エレベーターや動く歩道があるので、坂道が大変ということは全くなかったです。

夜間はライトアップも行われているそうなので、昼間とはまた違った魅力を楽しめそうですね。

グラバー園の歴史について興味がある方は「グラバー園について」の中にも詳しく載っているので、あわせてご覧ください。










Sponsored Link




共通テーマ:旅行