So-net無料ブログ作成

国指定重要文化財「八千代座」★舞台裏まで見られる見学コースが楽しい! [  2019春 鹿児島熊本&JR九州]

IMG_1361.jpg




明治43年建築の芝居小屋、山鹿 八千代座を訪れました。

こちらは昭和40年代に、娯楽の多様化などによる時代の変化に取り残され閉館し、廃屋と化すものの、地元の有志による様々な活動で復旧が進められ、昭和63年には国重要文化財に指定され、復活を遂げます。

大修復が終わったのが平成13年と、割と最近まで修復作業がされていたんですね。




IMG_1347.jpg



まずは、八千代座正面にある、資料館で八千代座の歴史や、お宝を見学。

IMG_1348.jpg


IMG_1349.jpg



その後八千代座へ。

IMG_1352.jpg


一歩足を踏み入れると、まるで映画の世界に飛び込んだかのよう。

席へ行くまでの道が細い板で、ビックリ。

一階の正面席は、見やすいように少し勾配がありました。


IMG_1357.jpg



さすが芝居小屋だなと思ったのは、案内の方のお話が、抑揚があって面白かったこと。

しかもマイクなしなのに、声が通る通る!

八千代座の歴史を小話など、当時のエピソードを織り交ぜて紹介してくださるので、とても興味深かったです。






その後は、保存会の方の踊りを見学。

※ 山鹿灯篭まつりの詳細はこちら

IMG_1370.jpg


「よへほ~よへほ~」という歌詞(よへほ節)が、耳に残ります。

もともとは酒の席で唄われていたそうで、「よへほ」の語源は「酔へ+ホ(ほら)」ということから、「あなたもお酔いよ、ほら!」といったニュアンスなのだそうです。

IMG_1378.jpg


暗くなると光る、金灯篭が美しいですね。

灯篭は紙製なので首は痛くならない、というのは資料館で勉強済。


IMG_1386.jpg


公演終了後は一般見学の方もご一緒に、舞台に上がらせていただき、近くで撮影。







その後、案内の方と一緒に、舞台裏の見学です。

奈落に落ちたのは初めて!


IMG_1388.jpg



あり得ないほど急な階段をゆっくり降り

IMG_1390.jpg


奈落の底に到着。

IMG_1393.jpg



その後2階席まで上り、舞台を見学。


IMG_1396.jpg



昔風の広告も、鮮やか。

IMG_1400.jpg



ちょっと遠いけど、舞台全体が見渡せるのはいいですね。

IMG_1408.jpg


IMG_1406.jpg






Sponsored Link




共通テーマ:旅行